歯科の保険適用と適用外の差って何?

この記事をシェアする

保険適用や適用外の例外

差額診療

差額診療というのは保険診療の例外というより、保険診療と自費診療を組み合わせた治療なのですが、治療については保険がきいても材料費に一部自費負担となる場合が該当します。
差額診療では前歯や総義歯の床部分に健康保険で認められているもの以外の金属が使えます。
材料によっては自費で一部補うことになる例については、先ほど「材料を選ぶ」のページでいくつか紹介しました。
あれらの例は、治療自体は保険適用のものでも材料についての希望があれば自費で負担して治療をしてもらうことになります。

一般的に、自費で一部負担した差額診療や自費のみで行う自由診療の方がより室の良い材料、完成した時の見栄えが良い材料などを使用することができるので、仕上がりは保険診療に比べてよくなると言われているようです。

歯列矯正の例外

歯列矯正については先ほど基本的には自費で全額支払う自由診療にあたるとご紹介しましたが、歯列矯正についても保険が適用される例外があるようです。
その例外の一例として挙げられるのが、顎変形症などの病名が診断としてついて、歯列矯正が健康な生活のために必要な治療と見なされた場合です。
顎変形症の治療では外科手術と併用する場合も多いようです。
病院で口腔外科の手術を受けて顎の骨の位置や形を修正し、この手術の前後で歯列矯正を行うのです。
保険が適用されると手術代はもちろんですが、歯列矯正の際の器具作り、メンテナンス処置など全てに保険がききます。
しかし、このように病名がついた場合の歯列矯正ならどんな治療でも保険が効くわけではありません。
歯の表面にワイヤーなどの器具をつける場合には保険がきくのですが、矯正器具が目立たないように歯の裏面につける場合は保険対象外となりますので差額診療となります。



PAGE
TOP