くるぶし黒ずみの原因|黒ずみケア方法

くるぶし黒ずみの原因|黒ずみケア方法

くるぶしの黒ずみができてしまう原因

くるぶしの黒ずみができてしまう原因は皮膚のメラノサイトが摩擦などによって活性化してメラニン色素を大量に生産することにあります。
くるぶしはジーンズなどの衣類の裾が擦れたり、長時間正座することで床と接触、皮膚を圧迫することが他の部分よりも多いので刺激から守るために皮膚は角質層が重なりあって固くなります。
くるぶしは下半身の末端に近い部分でもともと血行が悪くなりやすい部位であるため新陳代謝が悪く、皮膚も薄いので水分を保持しにくいため乾燥しやすくなっています。
脚がむくみやすい人は下半身の血行不良のことが多いためくるぶしの黒ずみにも悩まされやすくなります。
くるぶしは顔と違いこまめにクリームなどでお手入れをすることが少ないのも乾燥しやすい原因となります。
皮膚の潤いが少なく新陳代謝が悪いことで本来28日で起こるターンオーバーが乱れて古い皮膚が剥がれ落ちなくなり角質は溜まってしまうためメラニン色素が大量に含まれた角質が厚く重なってしまうため黒ずみが起こります。
くるぶしの黒ずみを防ぐためには摩擦の原因となる正座をしないようにして脚をマッサージなどで血行を促進し、化粧水やクリームで丁寧に保湿してあげることが大切です。

くるぶしの黒ずみを解消するために

くるぶしの黒ずみを解消するためには、2つの方法があります。一つは、黒ずんでいる箇所の血流をよくして、老廃物を流し、黒ずみの原因を解消することです。もう一つは、体内の排出効果を高めることです。さて、一つ目の血流を良くして、黒ずみの原因となる老廃物を流す方法ですが、これには、血流を良くするためにマッサージが効果的です。このマッサージも、黒ずんでいる箇所と、黒ずみから少し離れた部分の2か所をマッサージすることがおすすめです。黒ずんでいるところを直接刺激することで、その場所の血流が良くなります。ただし、人間の身体は、相互にリンクしあっているので、その体の反射区は身体の別の場所にあることも多いです。ですので、黒ずみが現れている部分の反射区も刺激しましょう。こうすることで、2カ所から、黒ずみをとりたい部分にアプローチできます。これは、一部分からアプローチする時よりも、より効果的な対策になります。もう一つの方法として、体内の排出機能を向上させることが有効的です。黒くなってしまう原因として、身体が摂取物を消化できていないまま、ため込んでしまっていることが挙げられます。ですから、お水を沢山とって、体内の黒ずみのもととなる物質を排出しやすくしましょう。これで、万が一、黒ずむ原因之物質を摂取してしまったとしても、排出される可能性がくなります。